『新発田の家を暖かくしたい』

㈲熊谷建設 専務の熊谷です。

岡田の家 K様邸の進捗

 

外回りの工事に並行して内部の工事も進めています。

ユニットバス組立工事を控えているので、風呂場周りを重点的に進めます。

断熱材をいれて、防湿シートを張り付けます。

赤く見えるのが断熱材です。みるからに暖かそうな色^^

材質は高性能グラスウールで、厚みは120㎜あります。

 

熊谷建設では耐力面材の外側に、もう一層55㎜の断熱材を充填します。

つまり、断熱材の厚みだけで175㎜にもなります。(もっと厚くすることも可能!)

2層にわたって断熱材を入れる工法を付加断熱工法(ふかだんねつ)と言ったり、

ダブル断熱工法と言ったりします。

会社ごとに呼び方は様々です。

一般住宅において省エネ性能適合義務化は先送りにされてしまいましたが、

住宅業界全体が高断熱化へと向かっている気がしています。

そのうち付加断熱・ダブル断熱が当たり前になるかもしれません。

※くれぐれも根拠の無い高断熱住宅には騙されないでください!><

テレビCMをしている会社だからといって安心できません。本当に。

 

屋根工事もあとひといき。