『冬暖かい家は 夏すずしい』

熊谷建設 専務の熊谷佑人です。

先日の、高関の家完成見学会にて、ただいた質問。。。

「高断熱住宅は冬は暖かいけど、夏は暑いんでしょ?」

この質問も多くいただきました。

 

結論から言えば、

『高断熱住宅は夏涼しいです』

ポイントは日射対策(太陽の光対策)にあります。

たしかに、何も日射対策をしないと高断熱住宅は普通断熱の家に比べて暑くなります。

熱がこもる という表現が近いでしょうか。

日射の熱は想像以上に大きく、直射日光があたる窓ガラスは電気ストーブと同じほどの熱を発していることになります。

厚い断熱材に囲われた室内に入ってきた日射熱は、逃げ場がなくグングンと室温をあげてしまいます。

室内で電気ストーブを焚いているのと同じ状態なので当然ですね。

これが、高断熱住宅は夏暑いと誤解される要因です。

では涼しく過ごすにはどうしたらよいのか?

それは単純で、

『太陽の光をなるべく遮り、エアコンで気温と湿度を調整する』

さまざまな工法や技術が各社から生まれていますが、結局はここに集約されます。

しっかりと日射対策のされた本当の高断熱住宅は、普通断熱の家に比べて涼しく過ごせます。

 

我が家の夏の過ごし方を紹介します^^

①庇をしっかり出す、霧除けをつける

⇒庇(ひさし)を不要と考える建設会社さんもあるようですが、

日射対策の面でもしっかりと庇は付けたいです。

太陽の光が窓に当たる時間が減らせるため、日射対策としては最も効果的です。

 

②すだれを設置する

⇒庇をつけても太陽が沈んでくると、太陽高度が下がり部屋に日射が入ってきてしまいます。

そこで、ひさしの出番です。

霧除け部分にすだれをつけ、日射を遮っています。

西日対策にも効果的です。

 

③プリーツスクリーンの設置

⇒窓の外側で太陽を遮りつつ、内側でもダブルで遮っています。

カーテンよりも効果的。

 

④開放的な間取り、吹き抜けを設ける

⇒なるべく開放的な間取りで、ワンルームのような状態にすると

エアコン1台でも冷気が家中に行きわたりやすくなります。

エアコンが効いている部屋は涼しいけど、廊下は灼熱なんてことにはなりません。

 

⑤エアコンは26℃設定 風量自動 で連続運転

⇒冷房運転の消費電力は暖房に比べれば少ないことがわかっているので、

自邸ではエアコンの連続運転をしています。

連続とは言えども、風量自動にしていれば運転停止している時間もあります。

 

これらの対策をこうじて、猛暑の夏を快適に過ごせています。

 

 

新発田市はこれから40℃以上になる予報がでています。

明日は室温と外気の変化のグラフを載せられたらと思います。